キュレーションサイトをめぐる憂うつとコンテンツ制作

2016年、ネットマーケティング界を騒がせた最大のトピックはDeNAのWelq問題でした。実にいや~な事件です。 プロ野球の球団をもつほどの一部上場企業が、ルールもモラルも完全無視。猛烈な批判を浴びて退場を食らうに至りました。 この事件から学べるものはなんでしょう?

photo credit: Sole Treadmill medicine via photopin (license)

DeNAはこうして退場させられた

2016年、
ネットマーケティング界を騒がせた最大のトピックといえば、
DeNAWelq問題でしたね。
いや~な事件でした。
カネのためなら何でもやってええんじゃ~的に、
プロ野球の球団をもつほどの一部上場企業が、
猛批判もハネのけて、
傍若無人で卑劣な悪行の限りを尽くす‥‥
みたいな構図だったからですね。
DeNAは、
医療の専門知識を持たないライターを大量に雇い、
ただひたすら、
グーグル先生にウケる記事を大量生産させていました。
ここまでですでに、
著作権侵害とかいろいろな問題があって、
汚いやり口に吐き気をもよおすわけなんですが‥‥
Welqで記事をチェックしている人たちは、
医療や病気については素人。
チェックのポイントは単に、
キーワードが入ってるかとか段落構成が指示どおりかとか、
つまり、
グーグル対策という視点のみ。
内容についての真偽、正確性はスルーで、
作成される文章の量とスピードのみを重視していたのです。
それはなぜかっていうと、
グーグルが重要視する順序が、
1にコンテンツの質
2にスピードだからですね。
コンテンツ判定におけるグーグルの精度はぐんぐん賢くなっていて、
質のいいサイトをしっかり評価してくれるようになってきてはいました。
が、
しょせんそこはロボットですから、
そこそこ手慣れた素人が、
あっちこっちのサイトから価値のありそうな文章を拾い集めてきて、
パッチワークみたいにして切り貼りして再構成した記事なら、
社会的に見てもとても有益であると判定してしまうわけなんです。
しかもサイトを運営しているのは一部上場企業ですから、
被リンク対策もぬかりないし、
もともと信用性があると見なされてます。
キュレーション
とは、
ひとことでいうとインターネット上の情報を集めてまとめること。
キュレーションサイト(≒まとめサイト)では、
テーマに沿った情報がまとめて紹介されているので、
閲覧者にとっては手短に必要な情報を知ることができてとても便利です。
>親切にまとめてくれてるんだぁ~

思うとね、
なんの問題もないように見えるんですけどね。
きちんと引用元を尊重するようなまとめ方ならね、
いいのかもしれませんけども、
パクりと引用はちがいますから。
せっせせっせとオリジナルな原稿を、
はじめに創作した人がいるわけですからね。
それをパクッとええとこ取りしてパクッてしまうなんて。
リスペクトのかけらもないんですからな、
パクられた側は不愉快ですね。
怒って当然。
で、
12月7日、
創業者の南場智子会長まで出てきて記者会見で謝罪する事態となったわけなんですが、
>あったりまえじゃろ!
って感じですよ。
南場会長がご自身の言葉で説明されたのはよかったんちゃいますかね。
でないと世間がおさまらないと判断されたんでしょうが、
カリスマ性がハンパないうえに、
会見の2日前に旦那さんを亡くしていたという背景もありまして、
相当な同情票が集まりました。
そのかわり、
実行犯と目される村田マリって女性が
逃げまわっている(ように見える)ことに批判が向いてますけどもね。
で、
こんな感じでゲームから退場となりました。
当社運営のキュレーションプラットフォームについてのお知らせ
2016年11月29日
株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、ヘルスケア情報を扱うキュレーションプラットフォーム「WELQ(ウェルク)」におきまして、医療情報に関する記事の信憑性について多数のご意見が寄せられたことを受け、検証および精査した結果、本日11月29日(火)21時をもって全ての記事を非公開といたしました。
ご利用いただいている皆様には、多大なるご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。
医学的知見を有した専門家による監修がなされていない記事が公開されていたことに関して、かねてより進めている医師や薬剤師などの専門家による医学的知見および薬機法※をふまえた監修体制を速やかに整えます。その上で医学的根拠に基づく監修を順次行い、皆様に安心してご利用いただける状態にしたのち、WELQ編集部名義で記事を掲載していく方針です。株式会社ディー・エヌ・エーのホームページより

グーグルさまにふりまわされないために

まえにも書きましたが、
ネットマーケティングの世界を動かしているのは
神さま 仏さま グーグルさま
です。
グーグルさまに逆らっては
ネットで生きていくことはできません。
Welqは、
検索の際に打ち込まれることが多いワードを並べることがミッションでした。
ただその一点に集中しました。
検索で上位表示されることが目標、
それはつまり、
グーグルさまに気に入られるためのビジネスです。
ネットの中では、
みんなやってることなんです。
グーグルさまのアルゴリズムから逆算すると、
理論的にこういう勝ち方が導かれる。
手段がわかっていてお金があれば、
それが実践できてしまう。
グーグル検索で上位にならなければならない人たちって
いっぱいいるんですね。
検索上位が命
そんな人たちにとっては、
言葉に想いをこめましょうb(⌒o⌒)d
なんて、
ちゃんちゃらおかしいんちゃいますか。
ぜんぜん関係なし。
ここまで叩かれたのは、
テーマが医療系だったから。
他の分野なら、
モラルの歯止めはさらに低く軽く、
ビジネス手法としてむしろ称賛されるくらいのもんで、
バッシングもなかったでしょう。
書けども書けどもなかなか検索上位に食いこめないライターさんたちは、
苦虫を噛みつぶすような気持ちで眺めているしかありませんでした。
閉鎖に追いこまれた数々のキュレーションサイトに対して、
ざまあみろ!
って感じで溜飲を下げた巷のライターさん、
ごまんといましたよね。
テレビの人が視聴率にふりまわされているように、
ネットの人は検索ランキングにふりまわされています。
ああ‥‥(ё_ё)
>ふりまわされる
という表現は不愉快で不適切かもしれませんが、
自分自身がそうならないようにしようという自戒の意味もこめて、
あえてこの言葉を使いますね。
くれぐれも、
数字にふりまわされるなよ皆の衆。
短期的にササッとお金がほしいだけなら、
Welqキュレーションサイトのやり方は合理的でした。
>グーグル先生に気に入ってもらうためならなんでもします!
的な
割り切り。
だって実際便利ですもん、
まとめてくれてると。
効能や価格がリストで比較してあったり、
売れ筋ランキングを示してくれたり、
商品毎の口コミがまとめられてたりすると大助かりです。
実際わたしも、
アレルギー性鼻炎が悪化して副鼻腔がヤバかったときの薬は、
キュレーションサイトをいくつか渡り歩きながら選びました。
大手のやることには逆立ちしたって勝てませんもんね、
中小零細は。
だからせめて、
法律くらい守ってよってことですね。
マナー違反のレベルじゃないんですね今回は。
薬事法(薬機法)その他の法律を冒す反社会的行為なんです。
退場していただいて当然です。
わたしのアドバイスはいつも同じサ。
まっとうに行けよ。
グーグルさまの裏をかこうなんて考えは、
はじめっからもたないこと。
セコいかけひきなんかやめて、
言葉に想いを、
こめてください
やっぱりね。

なんのための情報発信か

わたしも現にいまこうやって、
あなたに読んでもらいたくて作文してます。
一言一句、
ああかな、こうかな、やっぱりこうかなって、
自分で言葉を選んでアウトプットしてます。
そうはいっても、
他の誰かが書いたものを読んだり話してるのを聞いたり、
学びながらインプットして影響を受けてきたわけですから、
そういう意味では100%オリジナルとはいえないのでしょうが、
少なくともコピペなんかせず、
外注やゴーストを使うこともせず、
恥かくのは覚悟のうえで自己表現してます。
引用した箇所にはちゃんと
blockquoteタグで囲むとか引用符をつけるなどして、
きちんと引用元も明示して、
>これはわたしではなくて別の人の考えですよ

わかるようにしてますし、
著作権とかのルールを熟知しているかといえばそうではないんですが、
やっぱり他の誰かの創作に対して根っこのところでリスペクトがある。
わたしはパクりたくないし、
盗まない。
それをやってしまっては、
表現者としての自分が終わってしまいます。
(あー、でも、
それは「文章」にかぎってはそうなんですけど、
写真画像のほうは苦手だしこだわりもないので、
無自覚にダウンロードして流用してしまってることがありますね。
反省します。)

さいわいわたしは、
自分が書きたくて書いてます。
誰かに命令されて書いているのではないし、
ギャラももらってない。
儲けるための作文もしますけど、
そればっかりにはしないということ。
たまには、
グーグル先生の目に止まらない、
お気楽なブログを書いてみたり。
気分は百獣の王(ё_ё)?
つまりね、ライオンってね、
おなかいっぱいのときは狩りをしませんでしょ。
シマウマが目の前にいても知らん顔で、
くつろいでるだけでしょ。
われわれもね、
よし稼ぐぞっていうモードコンセプトを整理するモード
使い分けたらいいと思うんですよ。
いちおうマーケティング屋さんなので、
あまりいいお手本ではないんですけど、
自分が伝えたいことを先に伝えてしまいたいタチなんです。
売れるか売れないかは、
二の次にまわしてしまうことが多いです。
みなさんもね、
いま目先の売上不振に悩んでないなら、
売ろう売ろうと焦る必要はとりあえずないわけですよね。
自分が書いてて気持ちのいいことで、
なおかつ読んでくれる誰かさんの役にも立つことを気持ちよく書いたらいい。
しぜーんに表現力をアップしていくにはそれがいちばん。
ガツガツする必要に駆られてないからかもしれませんけど、
だから退屈なのかもしれませんね、
わたしの作文ε=( ̄。 ̄;)