エスケーマノアヒル - ユルいのがいちばん

Bshop神戸本店はオフィスの目と鼻の先。通勤でもランチタイムでもしょっちゅう前を通るし、わたし好みのユルーいゾーンですから、ふらっと寄ってふらっと買ってしまう回数のいちばん多いショップです。この夏のお気に入りはこれ、s.k. manoa hillのバンドカラーシャツ。

マイおしゃれの基本はパジャマです

2017年08月

これは、
ワークスタイルとも大いに関係のあることなので、
誤解を招くリスクも承知で自説を大きく述べますが、
できれば朝から晩まで、
ずっとパジャマですごしたいほどパジャマ好きなんですわたしは。
その昔、
萩本欽一さんの番組をつくっていた放送作家集団で、
「パジャマ党」っていうのがありましたけど、
あの人らは別にパジャマが好きだったわけではないんじゃないでしょうか。
わたしこそ、
ほんとうにパジャマが好きな真のパジャマ党です。
パリッとピリッとスーツ着て、
スイッチ切り替えたいタイプの男子も多いとは思うけど、
わたしはそういう人らとは根こそぎちがうんです。
いまでこそクールビズとかいうもんが浸透してきて、
真夏のクソ暑いのにネクタイ締めてるビジネスマンは減少傾向ですが、
わたしは自分が就活してた30年以上もまえから、
こいつら全員アホちゃうかと思ってましたし、
オレは絶対にそんなんはイヤやと反発してました。
つまり、
ネクタイ締めたくないというのと、
独立起業したこととは浅からぬ関係があるわけです。
好きなときに寝て好きなときに起きて、
気分しだいでパジャマのまますごせる日常がほしかったから社長になった。
これ、
マジにほんとう。
しかしパジャマで外出っていうのはさすがにアブノーマルですから、
ふだん着の基本はジャージです。
神戸に引っ越してからはジャージで街を歩くことに抵抗が出てきましたし、
社員からも注意されますので自重してますが、
播州エリアではジャージは正統なふだん着です。
少なくともわたしがまだあっちで暮らしていたころは、
ジャスコでもイトーヨーカドーでもサティでも、
老若何女、
みんなジャージでうろうろ買い物してました。
加西や小野、加古川の「しまむら」にいたっては、
ジャージ以外の格好で来店してる人は2割に満たないと聞いてます(要調査)。
わたしはジャージの予算はケチりませんでしたから、
いつも上下で一着3~5万の高級ジャージを身につけてましたんで、
ふわふわの肌ざわりはハンパなく快適でした。
ウルトラcomfotableです。
新品のジャージはまずトレーニング用として外で使いますが、
しばらく着古してややクタッとなったくらいのジャージをパジャマにします。
これがいいんです。
朝、
目覚めたら、
パジャマ用のジャージから、
アウトドア用のジャージへ着替える。
アスリート的にいうと、
ジャージが戦闘服ですからそれがいいんです。
ネクタイ締めて革靴はいて、
いざっていうときに走れますか?
カンカンうるさいやろ。
刑事ドラマとかで、
犯人つかまえるのでも革靴で追いかけてますけど、
痛くないんかいな小指の爪とかかかととかが。
わたしはいやでっせ、
拘禁服の類はお断り。
デカい顔がますますデカく見えてしまうし、
ポッコリ出腹がますますポッコリ目立つ。
と、
ゆーよーなわけで、
前置きが異常に長くなりましたが着るものはユルいのが好きなんです。
上も下もユルくなくちゃ気持ちよくない。
だからといって、
だらしないのとか小汚いのといっしょにせんといてくださいナ。
力を抜いてリラックスするっていうのと、
手抜きしてだらだら怠けるっていうのとは完全に別物でしょ。
それといっしょですからナ。
エスケーマノアヒルって何ものよ?

ブランドで選ぶわけじゃないですが、
それにしても初耳ですね「エスケーマノアヒル」なんて。
カタカナで書くとよけい意味不明で舌かみそうですが、
スペルはs.k. manor hill
渋谷にある「MAIDENS SHOP」のウェブサイトによると──
Dominic Sondagっていうデザイナーが
2016年の春夏シーズンに立ち上げたブランドらしい。
まだ1年たったばっかりの新しいブランドなんですな。
すべてのアイテムはニューヨーク市内の工場で生産され、「MADE IN NEW YORK」にこだわったコレクションを発表する傍ら、ヨーロッパや日本の厳選された100%天然繊維を使用するなど、プロダクションや生産背景を大切にする希少なブランドです。「MAIDENS SHOP」のサイトより

ここ最近購入したアウトフィットの中ではこれがいちばんのお気に入り。
これ着て寝ようという気にはならないけど、
夏のパジャマに近いヨレっと感。

わたしはこれを、
Bshopの神戸本店で見つけて一発で気に入って買ってしまいました。
ヤバいんですよね、
あの店は。
浪花町59番地の朝日ビルディング1階にあって、
京町79番地の当社オフィスからは目と鼻の先。
徒歩3分ってとこか。
通勤でもランチタイムでもしょっちゅう前を通るし、
外から店内がよく見えるし入りやすいし、
ふらっと寄ってふらっと買ってしまう回数のいちばん多いマル危ショップです。
調べてみたらネット通販でも手に入るようで、
楽天価格税込28,512円也。
白だけかと思ってたら黒もありますね。
これからもエスケーマノアヒル
ユルっとがんばってメジャーなブランドになっていただきましょう。