華味鳥の水炊きセット - 充実しすぎな通販サイト恐るべし

博多の水炊きってもんを華味鳥のお店で初めて食べたときの感激は忘れられません。 コラーゲンたっぷりなスープにちょいとお塩を足しまして、ぐびぐび飲むわ飲むわ‥‥。おいしすぎて止まりません。 それがなんと、自宅で手間いらずで味わえてしまうという。トリゼンフーズ恐るべし。

トリゼンフーズ創業者のこと

おいしいもん食べるのに理屈はいらんと思いますけども、
興味はわきますよね。
誰が、どんなふうに、こんなおいしいものをつくって、
それを通信販売でこんなに大勢の人の食卓へ届け、
お手軽に食べられるようにしたか。
味のルーツはどこにあるか。
──この「華味鳥の水炊きセット」を作っているのは
トリゼンフーズっていう会社で、
創業者は河津善陽(かわつよしはる)っていう人です。
この人の半生をまとめた動画がYouTubeにありました。

オープニングでいきなり
人間万事塞翁が馬
っていう言葉が出てくるんですけども、
実はわたしもこの言葉が大好きなもんで、
そうすると河津善陽って会長さんのことが、
会ったことなくてもなんか好きやわぁ~ってことになって、
ますます華味鳥がおいしく味わえるっていうハッピーなことになるわけです。
せっかくなんでYouTube見ときましょっか。
なんせ時代が、
泣きたくなるくらいたいへんだったもんで、
いまのこの平和な日本に生きてることが申し訳ないくらいの気持ちになります。
水炊き、
ありがたくいただきましょう。
トリゼンフーズのみなさん、
ありがとうございます。

そもそも「水炊き」って?

とりあえず箱から出して並べてみた

>なんで水炊きのダシが、
>白く濁ってるんや?

って、
博多の水炊きを初めて食べたときには思いましたねぇ。
水で炊くから水炊きっていうんで、
つまりダシは「水」なんで。
???
なんでもググって調べてみないとわからんもんですが、
水炊きには大きく分けて
関西風博多風があるんですなぁ。
本来は‥‥とかいうと、
>どっちが本来かわかるかいな!
ってなことになってややこしそうですが、
名前のとおりですから、
昆布など風味を添える程度の出汁だけで、
他の調味料を加えずに水から煮立たせる調理方法のことを
水炊き

いうはずなんで、
関西風のほうが本来っぽい感じはしますな。
いっぽう博多風の水炊きは、
骨付きの鶏を水から煮立たせてスープをとります。
長時間煮込むことでスープが白濁してとろーっと仕上がる。
もともとはそうだったんでしょうけど、
はじめから鶏がらのダシ汁を使うお店も多いんで、
なおさら水炊きじゃない気がするわけで。
>なんでこれを水炊きって呼んだんや?
>トリ炊きとかなんとか、
>別の言い方あるやん?

って、
素朴に疑問です。

ここまでわずか数分で超スピーディー

ともあれ、
わたしが子どものころ食べてた水炊きは、
関西風の水炊きで、
具は、白菜やネギ、シイタケ、にんじん‥‥
味はついてなかったし、
お肉が入っていたような記憶もなく、
ポン酢もいまほどおいしくなかったし、
シャバシャバで水くさいし、
がっかりするばっかりの献立でした。
だから、
博多風の水炊きは、
>これ、
>水炊きちゃうし!
>おいしいし!

って、
かなり感激したわけなんです。

博多の水たきはキャベツを入れて

届いたセットを箱から出してみたところをご覧いただければおわかりでしょうけど、
要するにお肉もスープも揃ってるわけでして。
あとはお野菜とかお豆腐とか、
あらかじめ買っといてもらえれば、
超お手軽に博多の水炊きが召し上がれるっていう寸法。
なんとまぁ、
ぜいたくな時代になったもんでしょう。
うまいもんを「うまい!」って書きたいだけのシンプルなページですが、
食べたいなっと思ってからうまいもんを口に入れるまでの時間効率の高さにも着目したいですよね。

ナベはうまいが写真はヘタ!

ぜいたくなお味なのにお手軽
っていう
ありえなさ感がナイスです。
とまあ、
それほどお手軽感を強調した直後にアレですけども、
さぁここで──
キャベツ vs 白菜
について、
語っておかねばなりません。
販売元の華味鳥さんが、
>ぜひキャベツを入れてお召しあがりください

おすすめされてるんです。
そういわれりゃわたしはスナオにキャベツでいただきますけども、
いかがでしょうね、
それでもがんこに白菜派って方もいらっしゃるんでしょうね。
白菜のほうが水気が多くて、
せっかくとろーりなめらかなスープが薄まってしまう気もします。
ふだん不足しがちなお野菜をたっぷり摂れるのがお鍋のいいところですからな、
しっかり食べくらべてみるのもいいかもしれませんしね、
春菊もはずせませんしね、
さっぱりとポン酢でいただくのがいいですね。
トリゼンフーズさんは、
自前で育てた鶏からスープを作ってます。
「華味鳥」っていうお店の名前は、
トリゼンフーズさんが自社で育てている鶏のオリジナルブランドでもあるんです。
養鶏から外食産業に参入されたわけですが、
生産者って、
原材料に対する思い入れがぜんぜんちがってきますから、
やっぱり強いです。
専用飼料で大切に育てた鶏のガラを煮込むこと8時間。
しかも、
博多っていう土地そのものがブランドで、
郷土への愛着とプライドを背負って全国展開されてるんですから、
味と品質への想いがハンパじゃないんですよね。
他の水炊きとは風味がちがってあたりまえですわー。