NEMの将来性はビットコインを凌駕する

セキュリティを舐めてたらこんなことになるのはわかってましたね。 わかっててもやってしまう、おバカなコインチェックの580億円不正流出問題。 CMにかける金があるならセキュリティ強化にまわせと非難囂々なのも当然なんですが、でもそれって、仮想通貨そのものが危ないってことになるの?


事件のあらまし

国内第2位の仮想通貨取引所であるコインチェックは、
2018年1月26日(金)、23時30分、
和田社長、大塚COOが記者会見を開きました。
不正アクセスにより5億2300万ネムが奪われた件、
ネムはオンラインで管理しており、
コールドウォレットは使用していなかったとのこと。
和田:
代表取締役の和田と申します。本日弊社サービスの一部において、機能が停止する事態が発生しました。本件に関しましてお騒がせしていることを深くお詫び申し上げます。たいへん申し訳ございませんでした。
大塚:
本日どのようなことがあったか説明させていただきます。本日午前3時ごろ、コインチェックのネムアドレスから5億2300万ネムが送信されました。約580億円に相当します。弊社にて11時25分、ネムの残高が異常に減っていることを検知し、11時58分ネムの出金を停止しました。12時52分にネムの売買を停止、16時33分、日本円を含む全通貨の出金、送金を停止しています。17時23分、ビットコイン以外のすべての通貨の売買を停止しています。本事象については金融庁、警視庁に報告済みです。また、ネム財団、ネムの取り扱いを行っている国内外の取引所に連絡を行い、ネムの追跡および売買停止要請を実施済みです。事実関係のご報告は以上となります。
──聞けば聞くほど、
このコインチェック、
悪質とまではいえないかもしれないが、
かなりイチビリでマヌケな会社だったことがわかる。
ホットウォレットと呼ばれる、
インターネットに接続した状態でNEMを保有していた。
マルチシグもやってない。
どうぞいつでも盗んでくださいなといわんばかりの、
基本がぜんぜんできてない相当おバカなセキュリティ感覚。
そのくせCMには金をかけていたというあたりが、
世間の反発を招いているようだ。

NEMについて知っておこう

この事件のおかげで皮肉なことに、
数あるアルトコインの中でもNEMの知名度がダントツ1位になりますね。
NEMとはNew Economy Movement(新しい経済の大きな流れ)の略称で、
新しい経済圏の創出を目標として2015年に公開された仮想通貨(暗号通貨)の一種
‥‥なのかと思いきや、
正式には「自由と平等」を掲げ、
新しい経済圏を作り出すために制作された経済プロジェクトの総称なのだとか。
このプロジェクトが目指している理想の経済圏とは、
「経済的な平等と自由」「権力の分散化」「連帯意識」を持った独自の経済圏であり、
ブロックチェーンシステムを使用した暗号通貨の理想像を追いかけている、
と。
なんか、
話が大きいんですなぁ。
NEMのコアな開発者は3人いて、
それぞれがTechbureau Corporation(テックビューロ社)で活動。
NEMを推進する団体「NEM.io財団」の理事は、
テックビューロ社の代表取締役の朝山貴生氏である。
つまり、
NEMの大きすぎる思想の背景には、
テックビューロって会社が深く関わっているわけ。
実際に仮想通貨を購入した経験のある人ならば、
取引所のZaif(ザイフ)はご存じのことと思いますが、
Zaifはテックビューロ社の運営。
NEMについて知るってことは、
テックビューロ社について知ることにつながっていきます。

ビットコインとNEMのちがい

ビットコインはマイニング(採掘/mining)によって増えていきます。
いわばマイニングは、
新たなビットコインを発見するための計算のことで、
発見した人はビットコインがもらえるというしくみになってます。
カリフォルニアで金が出たのは1848年、
一攫千金を夢見て、
アメリカ本土は言うに及ばず、
ラテンアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアからも、
30万人もの老若何女が大挙して押しかけた。
初期の採掘者らがカリフォルニアに向かったのが1849年だったため、
彼らは「フォーティナイナーズ」と呼ばれた。
しかし、
ナベで川の水をすくうだけのような個人の採掘者は、
あたりまえだが会社組織の大がかりな探鉱には太刀打ちできず、
来た時とたいして変わらないフトコロ事情のまま故郷に帰っていった。
これが世にいう「カリフォルニア・ゴールドラッシュ」ですけども、
ビットコインのマイニングも状況は似たり寄ったり。
ゴールドのかわりに「ハッシュ値」と呼ばれる値を見つけ出すだけのことなんですけども。
ビットコインがイマイチおしゃれじゃないのは、
このマイニングなんです。
体育館みたいな広い倉庫にズラーッとコンピュータ並べて、
エアコンでキンキンに冷やしながらフル稼働させて、
電気代バカスカ使ってマイニングやってる図なんて、
お下品なチカラワザって感じでぜんぜん美しくない。
電力を食いすぎるからビットコインは破綻すると言い切る評論家もいるくらいで。
2014年、ケン・シュリッフって人が、
紙と鉛筆と頭脳を使って人力でハッシュ値を計算して話題になりましたが、
ずっとそういうふうな知的ゲームだったらいいかなと思うんですけど。
その点NEMは、
総発行量8,999,999,999XEMが約1600(メールアカウント数)の投資家に均等に分けられており、
新規発行はありません。
(ビットコインのほうは発行上限は2100万BTCと決まっていて、
これがマイニングによってだんだん増えているわけですが、
2140年に上限に達するようにコントロールされてます。)
つまりビットコインでいうマイニングはNEMにはなく、
ネットワーク貢献者への報酬は、
ハーベスティング(収穫)という形で分配されます。
NEMは、
莫大な資金を使って採掘システムを構築する一部の採掘者に報酬が偏らないように設計された
最初の暗号通貨であり、
PoI(Proof-of-importance)という仕組みを使うことで、
ビットコインみたいに電力をむやみに消費せず、
セキュリティ上もより堅牢なものになっているのだとか。
うんうん、
そういうところは好感度が高いよね。
PoIって簡単にいうと、
NEMネットワークを積極的に使ってネットワークに貢献した人が利益を得られる仕組みで、
財力のみに偏るのではなく、
「世間一般の人」に力を与えてやろうという目的で、
がんばればがんばるほどチャンスが増えるようになってる。
ま、
ほんとうのところはどうなのか、
なんか裏があるのか、
それはわかりませんけども。
とにかく、
マイニングがないという点、
低コストであり、セキュリティが高く、処理速度が速いということ、
mijin(みじん)というプライベートブロックチェーン技術の存在‥‥等から、
NEMにはかなりの将来性を感じますね。
仮想通貨の代名詞ともいえるビットコインは、
いうまでもなく時価総額でぶっちぎりの1位ですが、
これに対してNEMは2018年1月現在10位。
6000種類以上あるといわれる仮想通貨の中でトップテンにランクインするんですから、
たいしたもんなんですけど、
きっとこれからランクを上げていくんじゃないでしょうか。

それでも買うべきか仮想通貨

NEMに投資していっぱい儲かった人、
おめでとうございます。
2017年だけで30倍以上に価格を上げたんですから、
てことは10万円が3000万円ですから、
仮に100万円分を買ってたとしたら3億円‥‥
NEM成金が続々誕生してるのもうなずけますね。
さあ、
ここで誰もがアタマを悩ませる問題が、
そもそも仮想通貨は買うべきか、買うとしたらどの通貨がいいか、
みたいなことなんですが、
悩むくらいならやめといたらいいでしょうね。
お金にはそもそも、
(生活していくために)ないと困るお金と、
なくても困らないお金があります。
あなたのお金にもその2種類の区別があるんですから、
区別のつかない人は反省しないと貧乏になってしまいます。
買うかどうか悩むってことは、
ないと困るお金に手をつけようとしているからではないですか。
貧乏じゃないけど中流なんですね。
いまのところ仮想通貨は、
使用、流通が目的ではなくて投資、投機ですね。
投資、投機である以上、
倍になることもあるかわりに半分になることもあるわけで、
ゼロになることもあるわけで、
それらすべて自己責任
投資、投機は、
必ずなくても困らないお金でやってください。
あなたがプロの投資家じゃないなら、
そんなところに人生かけて勝負したらあかんでしょう。
買ったことを忘れるくらいの額のお金を、
あまり深く考えずに軽く注ぎこむ。
このページでNEMを知ったのも何かのご縁なら、
テックビューロがやってるZaifっていう取引所があるんだと知ったのもまたご縁。
他にどんなアルトコインがあるのか調べたり、
取引所はどこがいいのか調べたりするのは趣味感覚で楽しくやるのがいいです。
神社にお参りしてお賽銭を投げ込むのと同じ気持ちで、
ちゃりーんと買っときゃまちがいないですね。