MAP > もろもろ雑記

もろもろ雑記

ウェブデザインの世界、ネットマーケティングの世界は、新しいことが次から次。全速力で走らないと勉強が追いつきません。 それでも老骨にムチ打ってITを楽しめてるのは性格がMだからですかね? 「もろもろ雑記」っていうのは要するに、まだ中途はんぱにしか理解できてないけど、とりあえず書くって感じ。

とおりいっぺんAMPになじむ

AMP(Accelerated Mobile Pages)には独自の決まりがいっぱいあります。
あれもダメ、これもダメ
なんか、
あかんことばっかりで、
グーグル先生に叱られっぱなしな気になってきますが‥‥
なんたって神さま 仏さま グーグルさまですからな。
言いつけに逆らうことはできませんね。
どうせいつか対応しないといけないなら、
なんかの機会をとらえてなるべく早めに習得しておくことです。
グーグル先生の主導で動いているプロジェクトですからね、
>あの話、
>近ごろ聞きませんけどどうなりましたかね?

‥‥みたいなことにはならないでしょう。
決められた書式を守れというなら守りますが、
いくつか、
けっこう厳しい制約条件があります。
JavaScriptが使えないなんてことになると、
動的ページの対応は最後まわしにせざるをえないでしょう。
imgタグが使えない(amp-imgに置き換え)ってことは、
通常ページのコンテンツ部分をそのままコピペするだけの作業では対応ページを作れないってことですし。
外部CSSの読み込みができないということは、
静的なページを手作業でコーディングしていこうっていう選択肢が、
絶望的にしんどくなることを意味していて、
ボリュームにもよりますがCMSが必須になるでしょう。
個人的には、
iframeがそのまま使えないのが痛いです。
いっぺん書いたソースを最大限に使いまわしたい無精なわたしはiframe大好きだし、
従来サイトでは必須なので。
代わりに amp-iframe って要素を使えということらしいけど、
これの制限がまたビミョ~。

標準/ページトップ

シンタックスハイライトについてのメモ

シンタックスハイライトに関してちょこっと調べてみた感じでは、
軽さ(速さ)やデザインのおしゃれ感、
使い勝手といった点をまんべんなく満たしているという意味で、
prism.js がよさげでした。
他の方におすすめするならそれでしょうね。
でもわたしは、
Google Code Prettifyを使うことにします。
名前のとおり、
Googleが提供してるシンタックスハイライターですね。
決め手はオートローダー機能
なんせ、
使用頻度がそんなに高くないもんで、
めんどくさいやつは避けたかったんですね。

標準/ページトップ

情報発信は勇気と根気で!

つねに自分に言いきかせていないと、
くじけてやめてしまいそうになるもの、
それが情報発信じゃないでしょうか。
けっこうめんどうくさいし(-""-;)
そのわりに売上アップにつながっているのかどうか、
直接的な効果が見えにくかったり‥‥ね。
だからせっかくリニューアルしたホームページが、
また何か月もほったらかしになってしまったりとか。
とてもよくわかります。
けど、やっぱり、時代はますます情報中心。
誰もが肌身離さずスマートフォンを携帯し、
フェイスブックやらグーグル、ユーチューブ経由で情報摂取している。
iPad(アイパッド)を持ち歩いている人を見かける率もぐんぐん上がってますね?
>え?
>ちょっとまえまで超アナログだったこんな人まで!?


驚かされることも少なくない。
そんなことからも消費者の情報摂取ルートが激変しているのは明らかで、
それなら企業が情報伝達ルートを刷新する必要があるのも明らかです。
沈黙は禁ですよ。

標準/ページトップ

UP