MAP事業案内 > はやるよ本舗のミッション──売れていくしくみづくり

「マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである」(ドラッカー) ──この言葉がズバリ、はやるよ本舗のミッションをあらわしてます。 ドラッカーとコトラー

はやるよ本舗のミッション──売れていくしくみづくり

 これまでマーケティングは、販売に関係する全機能の遂行を意味するにすぎなかった。 それではまだ販売である。われわれの製品からスタートしている。われわれの市場を探している。 これに対し真のマーケティングは顧客からスタートする。すなわち現実、欲求、価値からスタートする。 「われわれは何を売りたいか」ではなく、「顧客は何を買いたいか」を問う。 「われわれの製品やサービスにできることはこれである」ではなく、「顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足がこれである」と言う。
 実のところ、販売とマーケティングは逆である。 同じ意味でないことはもちろん、補い合う部分さえない。もちろんなんらかの販売は必要である。 だがマーケティングの理想は、販売を不要にすることである。 マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。

P・F・ドラッカー「[エッセンシャル版]マネジメント──基本と原則」より

最初にドラッカーのこの言葉に接したときは衝撃でした。
そのとき、わたしはまだ自社の第二創業として、
はやるよ本舗ブランドを立ち上げたばかりでしたが、
当時のミッションは販売促進だったのです。
はじめはなんの疑いもなく
売るしくみ構築のスペシャリストを標榜していました。
しかし、
現場で販促企画をいくつか仕切ってみると、
売りこもうとすると売れない時代になっていることはすぐにわかりました。
まもなく、
売るしくみから売れるしくみへフォーカスを移すように、
クライアント各社といっしょに意識改革を進めました。
しかけしくみ

使い分けにも注意を促してきました。
そんなときです。
ドラッカーのこの言葉に出会ったのは。
(正確には、
著書はもっとまえに読んでいたはずなので、
知っていたかもしれない言葉なのですが、
商売がちがうので意識をすり抜けたのでしょう。)

マーケティングっていうのはセールスとはちがうんだ
‥‥くらいのことはわかっていたつもりでしたが、
>逆だ!
とまで言い切られるとは思いもよりませんでした。
もともと営業活動というようなものはしない会社ではありましたが、
わざわざ売らない(=売ることをやめる)意識で仕事に取り組むきっかけとなったのです。
売るのをやめたら売れていく
のが、
わたしの流儀となりました。
ですから、
あなたの会社の販売力が強ければ強いほど、
既存の販売手法を激変させるヒントがたくさんあるはずです。
そうはいっても売らない意識なんて、
具体的に何から手をつけていいかわからない‥‥
っておっしゃるかもしれませんが、
きょうからすぐにでも実行できる簡単なアドバイスがあります。
あなたの会社には
「営業部」があって「営業マン」がいるでしょうか。
経営指針書には
「販売計画」やら「販売戦略」という言葉が満載でしょうか。
であればたとえば、
「営業部長」という肩書きを「マーケティングマネジャー」に変えてみる
とか、
「販売会議」「マーケティングマネジメント会議」に変えてみる
とか
してください。
中味はいっしょでもよいので、
まずは呼び方だけでも変えてみましょう。
>なんじゃそりゃ?

社員に突っこまれたら成功です。
次の段階では、
マーケティングマネジメント会議で
「ブランド策定について」
などという議題をもっともらしく設定し、
コンセプトメイキング担当
みたいな役職をつくったりします。
そういうことのひとつひとつが、
マーケティング感度を高める文化づくり

全社で取り組みはじめたことになるのです。
わたしは、
売れていくしくみ
という言いまわしの中で、
ドラッカーさん言うところの
「販売が不要な状態」ってやつを表現しているつもりなのです。
‥‥
だれもそこまで深読みしてくれやしませんがね ε=( ̄。 ̄;)
だからせっかく
はやらせ太郎に仕事を頼むなら、
そのへんのちがいを頭に入れてから頼んでみませんか。
あなたがいま取り組むべきことは、
「販売」なのか「マーケティング」なのか。
そこ、
はっきりさせましょうよ。
はやらせ太郎の辞書に「営業」はないのですよ。
 マーケティングだけでは企業としての成功はない。静的な経済には、企業は存在しえない。 そこに存在しうるものは、手数料をもらうだけのブローカーか、何の価値も生まない投機家である。 企業が存在しうるのは、成長する経済のみである。あるいは少なくとも、変化を当然とする経済においてのみである。 そして企業こそ、この成長と変化のための機関である。
 したがって企業の第二の機能は、イノベーションすなわち新しい満足を生みだすことである。 経済的な材とサービスを供給するだけでなく、よりよく、より経済的な材とサービスを供給しなければならない。 企業そのものは、より大きくなる必要はないが、常によりよくならなければならない。 P・F・ドラッカー「[エッセンシャル版]マネジメント──基本と原則」より
標準/ページトップ

UP